精密に表を作成する中のドイツの設計の考えを語ります

精密に表を作成する中のドイツの設計の考えを語ります
ある日1人の学の設計する友達とチャットして、彼を言い始めてサングラスの方法を選ぶ3つのドイツの同級生があって、大きい多くの人の一定は先に設計を見て、また適度に価格の問題と快適なことを考慮して、この3人のドイツの同級生は眼鏡のアウトラインを比較して自分の眉の骨の下の目のくぼみの形と合うかどうかで、もしも合うのが最も自分のサングラスに適合するでした。聞くところによるとドイツ人はすべてサングラスをこのように選ぶのです。ドイツ人の理性の考えの方法は彼らの被選択モードを決定して、ドイツの設計の風格をも決定しました。デザイナーはすべてよく風格のこの語を使わないで、しかし評論者はとてもこの2つの字が好きで、言い出すと理解しやすいためです。ドイツの工業設計の風格を話し出して、厳格で、精密なのはあまねく認められたので、特に精密な機械設計中で表現して、私達の日常のつける腕時計便は精密な機械設計の代表で、たくさんドイツの設計の友達がドイツがスイスの設計の腕時計を表すのがと風格がまるで異なりを発見するのが好きで、このような大いに異なりうわべだけ厳格で精密なことを使ってまとめに来ることはできなくて、実は本当にドイツの設計の精髄を含んでありました。ドイツの表を作成する業の中で、薩克森の精密な表を作成するブランドA. Lange & S?hneランゲはドイツに対して表を作成する歴史と今日影響最も深遠なひとつので、“ドイツの設計の風格”の力強いスポークスマンです。

純粋なドイツの血筋のランゲがあって1990年に復興して、驚かせるスピードはトップクラスの表を作成するホールに戻って、その腕時計の作品は技術でと設計が作って確かに1格の4つの字になってからなることができるのを研究開発して、多くの人がすべてランゲをドイツのトップクラスの表を作成する代表に見なすのが正にランゲが如実に象を備えてドイツの設計の精神を体現していたためで、ランゲはごく短い20年の中で創造したのが光り輝くのがドイツの設計が巨大でみごとな縮図を得るです。

ドイツ民族の理性、思弁、は高い社会的責任感があって、ドイツの設計の理性機能に上がる主義路線を決定しました。ドイツの設計の特色をも構成して、しかし殊勝なのがドイツ人のが堅持するのです。前世紀80年代情報化時代に入って、全部界を設計して多元化の道に上がって、仏伊米各種の多元化設計の思想と実行する大きな波で衝撃しておりて、ドイツの設計は理性的に化を堅持するだけではなくて、かついっそう深くなって理性的に溶けてこの原則、1条の“人を基本にする”の理性機能主義設計路線を昇華しだします。

1990年にランゲの出す第1枚の腕時計Lange1便はこの時期誕生する作品で、ドイツの“人を基本にする”の理性機能主義設計の風格の代表作品の中の一つです。もしも20年来Lange1の変化を比べてみて、機能の豊富なのを除いて、技術の深さ、ヒューマナイズする理性の思想が一貫した姿勢で臨むと言うことができます。ドイツ人は伝統を尊重して、特に科学を心から愛して、だからドイツの製品は性能の上であまねく先進的で、技術の上でもよくトップの地位があって、これはドイツの製品の特色の中の一つで、もちろん2の3……以下は私達はLange1を通してすこしすきに来ます。