施華洛の世の珍しいD.Light腕時計が得て2010年が設計大賞が少し赤いです

施華洛の世の珍しいD.Light腕時計が得て2010年が設計大賞が少し赤いです
EricGiroud設計から、そして、去年にバーゼル世界の時計の真珠や宝石展の出す施華洛の世の珍しいD.Light腕時計は2010年が少し赤くて大賞を設計する中で最優秀製品設計に光栄にも上ります。これは1つのいまだかつてない完璧なのが行うのです。全く旧世代の伝統の時計設計の風格を捨てて、取って代わるの未来主義と動感の活力の設計を満たすのです。

EricGiroudの設計したD.Lightは金色あるいは銀色の精密な鋼上製造するでなるのです。それは1件の腕輪も1つの腕時計です。長方形の時計の文字盤の上で埋め込みして171の施華洛の世の珍しい水晶に扮して、軽く押して片側の円形の宝石で身を隠すのでさえすれ(あれ)ば、全体の時計の文字盤をすぐきらきらと光ることができて、人に1目ぼれをさせます。水晶はきらめいて、赤くなって青くなって、相応の時間を表示します。全体の腕時計はポインターあるいは期日がなくて、ただ簡単な時間は表示します。このように非常に不思議な設計は人に一度目を通したら忘れなくならせて、伝統の時計設計を突破します。