米国RGMは出発して単独で腕時計の道をつくります

米国RGMは出発して単独で腕時計の道をつくります
1969年にRGMは第1枚の米国を発表して機械のチップを産して、そして同時にペンシルベニア州Lancaster鎮(ここ誕生のたくさん有名な米国の腕時計のブランドがことがある)にありを表を作成する殻から宣言します。事実上、米国の本土の表を作成する商は普通はでも亜欧から仕入れて殻とその他の部品を表して、少数の米国のメーカーだけあって当地で部品を仕入れます。RGMは現在のところの米国の唯一のひとつのが米国を使って殻、米国のチップの腕時計のブランドを表すのです。

RGM最初に自分で作る表す殻は151シリーズで使用して、そのためにそれからの151Pと151EはすべてRGMが自分で作って殻を表しを使います。今、RGMはその第1モデルの自制のチタンを広めていて殻の腕時計を表して、151シリーズです。