歌手週間のペンが滞りがなくて宝の齊莱白蒂の詩の腕時計をつけて試合に参加します

歌手週間のペンが滞りがなくて宝の齊莱白蒂の詩の腕時計をつけて試合に参加します
近頃国内の1段の歌の番組が開局してから広範な関心を得て、番組の自身がやはり(それとも)競って歌手を演じるにとってすべていまだかつてない挑戦だであろうと。第2季開局してから、1度大衆の焦点の話題になっていて、歌手の振る舞いはとても大きい突破に異なる音楽の風格に挑戦するようにもあります。

前2号の番組の中で週間のペンが滞りがなくてみごとにロックのヒット曲《うっとうしい》と改作するラテンのダンス音楽《青いアップル楽園》に挑戦して、絶えず自分のよく知っていない曲の風に挑戦して、ペンは表して、自分に少し多い挑戦をあげることができるのを望んで、このような1人の達人が招く雰囲気を過ぎる中に、自分に挑戦するのに行って、自分を突破して、1件が特に意外な喜びと新鮮な感の事があるのです。結果はどのようですかに関わらず、自分ででも音楽のためにたゆまず頑張りぬきを夢想します。

後期にある服装はよく合ってきて見て、側面は週間のペンの滞りがないいくつかの変えて漏らす決心をも実証しました。黒い底の腕利きな風格を主なが直すと前ににする濃い造型、ヘアスタイルのアクセサリーの選択も更に歌曲の風格に合います。ネックレスから装飾を手に入れて更には腕時計の選択がすべてマッチングしました彼女の自身の特有な性格。今回の週間のペンの滞りがない選択の時計のモデルはスイス百年一族の表を作成するブランドCarlF.から来ました Bucherer (宝の齊莱)、PATHOS(白い蔕の詩)を表すのは優雅な女性が設計するのに自信を持ちだけのために、今回いっしょに週間のペンが滞りがないがの千ページが1つにすると言えることができます。

PATHOS(白い蔕の詩)の腕時計の18Kバラの金は織りなして空リストの殻を彫刻して眼の玉を書き入れてトップクラスの米あけて、まさに週間のペンの滞りがなくて一貫している本当の私の性格のようで、地味にまた失わないのが優雅です。バラの金色の目盛りとローマ数字の小さくて汎光華;冠を表して同様に紋様を編んで飾りがいて、腕利きで落ち着く息場は週間のペンの滞りがない道中としばしば経験する心理が歩いてきてちょうど互いに照り映えることができます。昔何号のびくびくしたのが気がもめたのは後期までますます落ち着いていて、宝からの齊莱の125年のたいへんきれいな美学は週間のペンが滞りがないととの一緒に発声します。勝ち負けのであろうと、自ら挑戦に向かい合います。