アップルはHealthKit商標の分類が腕時計を含みを申請します

アップルはHealthKit商標の分類が腕時計を含みを申請します
iOS8正式バージョンは今年秋に出して、メイン機能として、全く新しくて健康な応用はユーザーに各種の健康のフィットネスとと関係があるデータを収集するように助けます。開発者はHealthKitが健康を製造してと深さの集めてなる応用あるいはハードウエアを使用するのを使うことができます。アップルは今日同時に米国とヨーロッパ地区の申請HealthKit商標特許、その中の1部の特許出願中で、は腕時計で健康を保つセンサーが医療設備中でとHealthKit商標を使うことができるのに言及しました。

米国地区の手渡す商標で分類がただコンピュータのソフトウェアだけを含みを申請しますが、しかしヨーロッパ地区の商標は健康を含みを申請して、フィットネスはとセンサー、医療の設備と腕時計などを鍛えます。当然で、これらの証拠はすべて私達にアップルが間もなく今年末頃にiWatch知能腕時計を出しをかたく信じさせます。アップルのここ数年の招聘によって、会社の内部のは服装の製品チームは健康、フィットネスと流行する界からの各種の専門家を含むことができます。最新の噂はアップルがを今年秋にiWatchに発表するので、でも現在のところはまだうつして漏らすいかなるiWatch部品のスパイがありません。

HealthKitは使用するのはアップルiWatchの核心構成部分になるでしょう、アップルも全世界の多数の国家でiWatch特許を申請して、日本、メキシコ、トルコなどを含みます。最後、アップルはまた(まだ)企業の商標を広げて、“第14類の商標”が新たに増加して、これはアップルがしかし間もなく服装設備の市場に入るでしょうを意味します。アップルの商標は変えて会社の名称とと関係があります、これはアップルを意味して、つまり“Apple”の商標は時計と真珠や宝石の業務の中でを保護させられます。商標は45の大きい分類を全部で、その中の1―35種類は属して種類の商標を産して、36―45種類は属して類の商標にサービスします。第14種類の商標は“貴金属と合金がおよび類の貴金属の製品に属しないであるいはめっきする貴金属の物品、真珠や宝石、アクセサリー、宝石、時計と時間単位の計算の器具”があるのです。