【NESPRESSO】「コーヒー発祥の地」から生まれた 極上のカプセルコーヒーが数量限定で発売!

【NESPRESSO】「コーヒー発祥の地」から生まれた 極上のカプセルコーヒーが数量限定で発売!

ネスプレッソから「コーヒー発祥の地」にフォーカスしたスペシャルなカプセルコーヒーが、3月6日(火)から数量限定で発売スタートした。

オレンジのパッケージ「アラビカ・エチオピア」(写真左)は、アラビカ豆発祥の地とされるエチオピアの生豆を使用。清々しい花や、麦芽のような香りが特徴で、風味豊かなミディアム・ローストになっているため、エスプレッソ(40ml)はもちろん、ルンゴ(110ml)で飲んでも美味しい。

いっぽう、グリーンのパッケージ「ロブスタ・ウガンダ」は、ロブスタ豆の発祥の地の1つとされているウガンダ産のコーヒー豆を使用。ロブスタ豆が持つ力強さと繊細な味わい、甘いココアのような香りが特徴なので、リストレット(25ml)や、エスプレッソ(40ml)などの濃いめで飲むのがおすすめだ。

自宅や職場でのコーヒーブレイクのラインナップに加えるもよし、またホワイトデイシーズンも間近のこの季節、コーヒー好き女子にならチョコレートと一緒に贈り物にするもよし。いつもと違う「NESPRESSO」で、スペシャルな豆とロースティングによる香ばしい味を楽しめること間違いなし!