アマン東京のダイニング、Arva(アルヴァ)が"革新的"にリニューアル【東京・大手町】

アマン東京のダイニング、Arva(アルヴァ)が"革新的"にリニューアル【東京・大手町】
カマスのグリルとカリフラワーのロースト。カリフラワーは1時間じっくり火入れすることで驚きの甘みが引き出されている

近頃の食のトレンドを表すキーワードのひとつに「イノベーティブ」がある。料理のジャンル、さらにはそれぞれの伝統や文化、食材や調理法にとらわれることなく、自由な発想で料理を供するスタイルのことだが、東京・大手町のホテル「アマン東京」にて、2018年1月からスタートしたレストラン「アルヴァ」は、それとは真逆の、原点回帰的なイタリア料理を提供する。

「素材の味をシンプルに活かすのが本来のイタリア料理。アルヴァでは古きに戻ることをコンセプトとしていますが、それこそが今の流れへの挑戦であり、勇気がいる試み」と語るのは平木正和料理長。確かにそうだ。「アルヴァ」の料理は、ラグジュアリーホテルのファインダイニングにしては素朴に見えるかもしれない。だが、その反面、食材の魅力がストレートに表現されていて、またすぐに食べたくなる。初心に帰ることの奥深さをそっと語り掛けられているようで癒されるのだ。