パリ・オペラ座でのショーという夢へ 映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』

パリ・オペラ座でのショーという夢へ 映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』
©2016 Reiner Holzemer Film – RTBF – Aminata bvba – BR – ARTE

ベルギーを拠点に25年間活躍し続けるファッションデザイナーが、初めて1年以上もの密着取材を許したことにより誕生したドキュメンタリー映画。

カメラは、2015春夏レディースから2016/17秋冬メンズまで4回のコレクションの舞台裏や、インドに構える刺繍工房の作業風景、公私に渡るパートナーと暮らす広大な庭と花に囲まれた大邸宅にまで入り込む。

繊細で完璧主義、ハードワーカーで忍耐強い、職人的な芸術家の姿に、生き馬の目を抜くファッション業界で、彼が”独立系ブランドの雄”であり続ける理由がよくわかる。