アートにのぼせろ! 名湯×一流アートに浸れる至福の温泉旅へ【道後オンセナート 2018】


「道後オンセナート 2018」

アートにのぼせろ! 名湯×一流アートに浸れる至福の温泉旅へ【道後オンセナート 2018】
蜷川実花氏が手掛ける道後温泉本館インスタレーションの完成イメージ。

愛媛県松山市の温泉街、道後を舞台にしたアートの祭典が4年ぶりに開催。2017年9月2日にプレオープンし(グランドオープンは’18年4月14日)、’19年2月28日までの18ヶ月間、ホテルや街中に、約20人のアーティストの作品が展開される。

アートのキーワードは「オマージュ(賛歌)」で、歴史ある道後温泉本館にオマージュを捧げる芸術作品、プログラムが続々登場する。現在のプレオープン期間も、道後温泉本館の建物と蜷川実花氏の鮮やかな世界観が融合する「道後温泉本館インスタレーション」を展開。

道後商店街には、写真家の梅 佳代氏が、道後中学校の野球部男子生徒たちを撮りおろした新作「坊っちゃんたち」が掲げられている。ほかにも、魅惑的な女性のイラストレーションでホテルの客室を埋め尽くす、宇野亞喜良の空間演出など、さまざまな企画が進行中だ。

「アートにのぼせろ ~温泉アートエンターテイメント~」のテーマ通り、のぼせるほど夢中になれる土地・温泉・アートの魅力に溢れたイベント。期間中に、感性も体もほっこり幸せ気分になる、道後への旅を計画してはいかが。