ネスプレッソ初の熟成エイジド・コーヒー「SELECTION VINTAGE 2014 (セレクション ヴィンテージ 2014)」が数量限定で発売

ネスプレッソ初の熟成エイジド・コーヒー「SELECTION VINTAGE 2014 (セレクション ヴィンテージ 2014)」が数量限定で発売

プレミアムポーションコーヒーのパイオニアNESPRESSO (ネスプレッソ)から、ブランド初となる熟成されたコーヒー豆を使用したエイジド・コーヒー「セレクション ヴィンテージ 2014」が数量限定で発売中。

 ネスプレッソは毎年、世界中のコーヒー愛飲家にクリエイティブで革新的な”至福のコーヒー体験”を届けるため、世界中から探し求めた希少なコーヒー豆を使用した、数量限定のカプセルコーヒーを発売。エイジド・コーヒー「セレクション ヴィンテージ 2014」は、その2017年の数量限定カプセルコーヒー第1弾だ。ネスプレッソのコーヒーエキスパートが実り豊かなコロンビアの高地で栽培されたコーヒー豆を厳選。2014年に収穫したアラビカ種のコーヒー豆のみを100%使用し、3年の歳月をかけて熟成している。

 時間・酸素量、湿度、光の量や気圧などを徹底して管理する最先端の環境下で熟成されたコーヒーは、木を想わせるエレガントな香りと、ベリー系のフルーティーで華やかな香り、ビロードのようになめらかな口あたりが幾重にも織り重なった複雑な味わいが特徴。この香りを楽しむには、エスプレッソ(40ml)のブラックがおすすめだ。今しか味わえない贅沢なコーヒー体験をこの機会に楽しんでみては。

 全国のネスプレッソブティック21店舗のほか、ネスプレッソクラブで販売中。1本10カプセル入り 963円