スバル、中間期利益予想を下方修正 新たな品質問題か

 スバルは23日、2018年9月中間期の利益予想を大幅に下方修正し、営業利益が5月時点の予想を490億円下回る610億円になる見通しだと発表した。品質関連費用の計上が主因だが、「詳細は現時点で説明できない。しかるべきタイミングで説明する」(広報)としている。昨秋以降相次ぐ出荷前の完成車の検査不正に伴う費用ではないとも説明しており、新たな品質問題を近く公表する可能性が出てきた。 営業利益は当初予想(1100億円)より44・5%減、17年9月中間期実績と比べると71・2%減の大幅減益となる。純利益の見通しも当初予想(791億円)を38・1%下回る490億円に引き下げた。11月5日に予定している18年9月中間決算の発表にあわせて、19年3月期通期の業績予想も下方修正する見通しだ。 スバルでは昨秋以降、無資格検査問題や排ガス・燃費データの改ざん、ブレーキ検査の不正などが相次いで発覚。無資格検査問題では計約42万台をリコール(回収・無償修理)し、18年3月期に250億円の関連費用を計上した。今月11日にはブレーキ検査の不正で約6千台のリコールを国土交通省に届け出た。一連の不正とは別の品質問題をめぐり、近く大規模なリコールを届け出る可能性もある。(高橋克典)