神戸の洋菓子店モンブラン、自己破産申請へ 売上高減少

 兵庫県内を中心に店を構える洋菓子販売の「モンブラン」(神戸市西区)が事業を停止し、自己破産申請の準備に入ったことが23日わかった。帝国データバンク神戸支店によると、2018年6月期末時点で負債額は約3億2800万円。現時点の金額は調査中という。 同社は1963年創業。神戸市や兵庫県明石市などに店舗を展開している。社名にもしているモンブランやチーズケーキが人気で、15年6月期には約6億6500万円の売上高を誇った。 その後も積極的な新規出店を続け、15年12月時点の13店から現在は16店に増えた。だが、売上高は伸び悩み、18年6月期は約5億2100万円に減少。かさむ出店費用に収入が追いつかなくなった。(久保田侑暉)