カルソニック親会社、8千億円で伊部品大手を買収

 自動車部品大手カルソニックカンセイ(さいたま市)は22日、親会社のCKホールディングスが欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)子会社の自動車部品大手マニエッティ・マレリを買収すると発表した。買収額は62億ユーロ(約8千億円)。2019年上半期の買収完了をめざす。 発表によると、2社の17年度の売上高は計152億ユーロ(約2兆円)となり、世界の部品メーカーではトップ10前後になる模様だ。日系部品メーカーとしてはデンソー(5・1兆円)、アイシン精機(3・9兆円)に次ぐ規模となる。 カルソニック、マニエッティとも車載の電子製品などに強みがあり、カルソニックはアジアと北米に、マニエッティは欧州と南米の市場に強みがあるため、相乗効果が見込めるという。 自動運転や次世代車をめぐる開…