サウジ殺害疑惑、皇太子に食い込んだ孫氏の動向は?

 豪華な出席者で知られるサウジアラビアの国際会議「未来投資イニシアチブ」が、23日から25日まで開かれる。サウジ記者がトルコで殺された疑惑を受け、会議への出席を見合わせる欧米の政府高官や大物財界人が続出。サウジと関係が深いソフトバンクグループの孫正義会長兼社長の動向が世界の注目を集めている。 ことし3月末、米ニューヨークのプラザホテル。孫氏は、サウジのムハンマド皇太子と見つめ合い、がっちりと握手を交わした。ソフトバンクが、サウジ政府系ファンドなどとつくった10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の資金を使い、世界最大の太陽光発電事業(事業規模は約22兆円)をサウジで始める、とぶち上げたのだ。 ビジョン・ファンドの投資先は華々しい。 配車サービス世界最大手の米ウ…