日銀副総裁、仮想通貨に懐疑的「決済普及にはハードル」

 日本銀行の雨宮正佳(まさよし)副総裁が20日名古屋市内で講演し、将来的に中央銀行が現金や預金の代わりとなるデジタル通貨を発行する実現性について、「金融安定や金融仲介に及ぼす影響について、慎重な検討が必要」と述べた。ビットコインなど仮想通貨の将来性については「決済で広く使われるハードルは相当高い」と懐疑的な見方を示した。 日本金融学会で「マネーの将来」というテーマで講演した。日銀首脳がデジタル通貨や仮想通貨に触れ、将来的なお金の「あり方」について体系的に話すのは珍しい。 雨宮氏はお金の姿の潮流として…