レクサスもカードで購入 ポイント使い百貨店で買い物も

 三越伊勢丹ホールディングス(HD)は22日、トヨタ自動車の高級車ブランド、レクサスと提携した新たなクレジットカードを発行すると発表した。販売会社のトヨタ東京販売HDと提携して発行し、同HDの都内25のレクサス販売店で車をカードで購入でき、ポイントがたまる。百貨店の買い物でもポイントがたまり、両者が持つ富裕層顧客を囲い込む戦略だ。 カード名は「レクサス東京 エムアイカード プラス プラチナ」で、11月21日から発行し、年会費は税抜き5万5千円。レクサスオーナーでなくても入会できる。 数百万円以上と高額なレクサス車の購入などでポイント(利用額100円あたり1ポイント)が得られる。三越伊勢丹グループの百貨店での買い物でも、入会初年度は高いポイント付与率になる(100円あたり10ポイント)。ためたポイントはディーラーでの整備費などのほか、三越伊勢丹グループの百貨店での買い物に使える。 現在ある三越伊勢丹HDのクレジットカードでためたポイントも、同じ都内25のレクサス販売店で割引に使えるようになる。(佐藤亜季)