TAGHeuerは全く新しい透かし彫りの技術の時間単位の計算の腕時計を出します

TAGHeuerは全く新しい透かし彫りの技術の時間単位の計算の腕時計を出します
2015年に重量級の出すTAGHeuerタイの格のタグ・ホイヤーはアカザを押さえてシリーズHEUER―0145ミリメートルのサイドオープンの技術の時間単位の計算の腕時計を引き延ばして、動感は十分でまた富む現代息の設計するのはと5より低くて、000スイスフランの価格、高い価格性能比の臻に着く第一選択になりました。

2015年に重量級の出すTAGHeuerタイの格のタグ・ホイヤーはアカザを押さえてシリーズHEUER―0145ミリメートルのサイドオープンの技術の時間単位の計算の腕時計を引き延ばして、動感は十分でまた富む現代息の設計するのはと5より低くて、000スイスフランの価格、高い価格性能比の臻に着く第一選択になりました。

タイ格HOYAの有名なHEUER―01の透かし彫りの技術の時間単位の計算名は表して6モデルの新作を出して、深い黒色、ダークブルーとライトブラウンで、全く新しい直径の43ミリメートルの時計の文字盤を添えて、すばらしくて精密な鋼の材質は陶磁器によく合って小屋を表します。

2015年に重量級の出すTAGHeuerタイ格HOYAはアカザを押さえてシリーズHEUER―0145ミリメートルのサイドオープンの技術の時間単位の計算の腕時計を引き延ばして、動感は十分でまた富む現代息の設計するのはと5より低くて、000スイスフランの価格、高い価格性能比の臻に着く第一選択になりました。

今年、この有名な時間単位の計算の腕時計は更に小さくて精巧な43ミリメートルの直径で3種類の色係を付けてあって新しく製造して、それぞれ深い黒色、ダークブルーと優雅なライトブラウンを採用します。

陶磁器の流速計の閉じ込める明るい光沢を売り払ってシンボル的な12のモジュールと溶けて構造の構成する光沢加工の精密な鋼が殻を表して互いに呼応します。HEUER―01のすばらしいサイドオープンの時計の文字盤とサファイアは背負いを表して共にチップの機械の米を漏らします。時間単位の計算の腕時計のアクションバーと透かし彫りのカレンダーのウィンドウズは時計の文字盤側の方の一覧から余すところないことができます。背負う赤色のガイドポストを表してすべてで透かし彫りの時計の文字盤の添え板、黒色PVDに順番に当たってと陀を並べるとりわけ人目を引いて、完璧に歯車の別れと出会い装置に揺れ動きが現れます。

チップのすべての時間単位の計算機能は皆赤色マークを使って、だからレースに向って敬意を表して、中央の秒針を含む、30分の時間単位の計算皿、12時間の時間単位の計算皿がと/押しボタンを停止するのを始める。外観は動感の風格のもと工場をかなり備えてHEUER―01命名でチップを自製して、だから創始者のエドワード・HOYA(EdouardHeuer)の敬意に対して表現して、その中の01は時間単位の計算の時計を積み重ねる全く新しい時代にここから開くように代表しました。

5年以上の持続的に絶え間ない進歩と最適化をしばしば経験して、今のところこのチップは精密な必ず掌握する生産コストと匹敵するものがない品質を持つだけではなくて、更にきわめて少数の価格になって5より低くて、000スイスフランの100%もと工場は時間単位の計算を自製して時計を積み重ねます。

 

https://www.jackroad.co.jp/shop/