レクサスES、国内初投入 サイドミラー代わりにカメラ

 トヨタ自動車は24日、新型の「レクサスES」を国内向けに発売した。海外では30年近く販売されてきた高級ブランド「レクサス」の中型セダンだが、国内市場では初投入となる。同日、東京都内で新型車両を報道陣に公開した。 海外では1989年の初登場から7代目にあたり、2012年以来6年ぶりに全面改良。従来の乗り心地のよさに加え、外観のデザイン性や運転時の操作性も追求した。 サイドミラーをカメラにする「デジタルアウターミラー」を量産車として世界で初めて採用。鏡の代わりに小型カメラで撮影し、映像を車内の運転席左右に配置した5インチ画面に映し出す。右左折時や後退時に画角を広くしたり、夜間に自動で明るさを調節したりできるという。 全長は4メートル95センチで、クーペに近いデザインだが、前輪駆動のため後部座席に広い車内空間を実現。サスペンションや座席をスポーツ仕様にする「Fスポーツ」を、レクサスESで初めて設定した。歩行者や自転車(昼間のみ)を検出して衝突を防ぐなど、最先端の安全機能も装備した。 レクサスESは国内では1991~2005年にかけて、「ウィンダム」の名前でトヨタブランドから販売されていた。「日本でも十分戦っていけるポテンシャルがある」(沢良宏専務役員)と判断し、本来のレクサス名で国内に初投入することにした。 価格は580万円(消費税込み)から。2・5リットル直列4気筒エンジンを搭載したハイブリッド専用車で、燃費はガソリン1リットルあたり23・4キロ(JC08モード)。デジタルアウターミラーのオプションは、国内向けの最上級グレードのみで21万6千円(同)。(初見翔)

生まれ変わったマッキントッシュ フィロソフィーの新作「アウターフェア」

マッキントッシュ フィロソフィーは11月12日(水)~25日(火)の期間、全国の各ショップにてアウターフェアを開催する。2014年秋冬シーズンからは、「マッキントッシュ」のセカンドラインとして、大人のオンオフスタイルにフィットする英国伝統のクラシックさと現代性を色濃く打ち出したコレクションへと一新。本格的なメルトンコレクションをはじめ、ビーバー仕上げのポロコートやコート型ダウンなど新作アウターのほか、こだわりのアウターがバリエーション豊富に揃う。フェア期間中に4万円以上(税抜)購入すると、コートのメルトン素材を使用したメルトンマルチケースをプレゼント。

生まれ変わったマッキントッシュ フィロソフィーの新作「アウターフェア」

OFFICINA SLOWEAR 東京ミッドタウン店でインコテックスのオーダー会を開催

イタリアの上品カジュアルが揃うオフィチーナ スローウエア 東京ミッドタウン店では、10月17日(金)と18日(土)の2日間限定で、パンツ専業メーカー『インコテックス』のパンツオーダー会を開催。イタリア製の上質ウールや高品質なコットンの生地から生まれるユニークなパンツを、好みのサイズ感に合わせて仕立ててもらえる。オーダー会にはケータリングサービスも振舞われる予定だ。特別なこの機会に、インコテックス、ニットのザノーネ、アウターのモンテドーロ、シャツのグランシャツでトータルにコーディネートを楽しみたい。

OFFICINA SLOWEAR 東京ミッドタウン店でインコテックスのオーダー会を開催
『インコテックス』パンツオーダー会
開催期間:2014年10月17日(金)、18日(土) 11:00~20:00
開催店舗:オフィチーナ スローウエア 東京ミッドタウン店(東京都港区赤坂9-7-4)

2014年秋のフェアを見逃すな!

2014年9月10(水)~23日(火・祝)に、マッキントッシュ フィロソフィー各ショップで秋の新作コレクションを紹介する「AUTUMN COLLECTION FAIR」が開催される。期間中税抜3万円以上の買い物をすると、オリジナルトートバッグをプレゼント。

2014年秋のフェアを見逃すな!

日本初! 「Alaska」マルク リブー写真展

2015年1月16日(金)~2月15日(日)まで、シャネル・ネクサス・ホールにて、20世紀のフランスを代表する写真家マルク リブーの展覧会が開催される。今回、これまで未発表のアラスカ・シリーズを日本初公開する。入場無料。

日本初! 「Alaska」マルク リブー写真展

©Marc Riboud

旨みが凝縮された本格ローストビーフをニューヨークスタイルの厚切りで

旨みが凝縮された本格ローストビーフをニューヨークスタイルの厚切りで

熟成ステーキブームの先駆けである「サーティーセブン ステーキハウス&バー」の姉妹店が表参道ヒルズ3階に新登場。低温でじっくりと焼き上げた赤身のローストビーフを、薄切りのイングリッシュカットをはじめ、厚切りのニューヨークカットなど4種類の厚さから選ぶことができる。肉の食感や肉汁を楽しむなら厚切りが断然オススメだ。