スバル株が年初来安値 業績下方修正を懸念

 2018年9月中間期の利益予想を大幅に下方修正したスバルの株価が24日、7%超急落し、年初来安値を更新した。終値は前日より227円(7・02%)安い3008円。品質関連費用の計上を主因として23日に業績見通しを引き下げ、新たな品質問題の公表を示唆したことを嫌気する売りが集中したとみられる。 取引開始直後に前日終値を210円下回る3025円をつけ、9月11日につけたこれまでの年初来安値(3047円)を下回った。その後も上値は重く、取引終了前に売り注文がふくらんで、終値が年初来安値となった。 スバルは23日、18年9月中間期の営業利益が当初予想を490億円下回る610億円になる見通しだと発表。昨秋から相次いだ一連の品質不正とは異なる品質問題に伴う費用を計上するためと説明しているが、新たな品質問題の具体的な内容は明らかにしていない。近く大規模なリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出る可能性もある。(高橋克典)

日本貿易保険の元顧問が入札で便宜 社長を減俸処分に

 政府が全額出資する日本貿易保険(NEXI)の元顧問の男性が、入札で特定の業者に便宜を図っていたことが分かった。業者側から男性への謝礼の支払いは確認できなかったが、NEXIは男性との契約を解除したうえで、23日付で板東一彦社長を6カ月の減俸(10%)処分とした。 NEXIは、企業の海外取引にかかる保険を手がける特殊会社。2015年9月に事業にかかわるシステム開発を進める目的でこの男性と業務委嘱契約を結んだ。男性は、知り合いの業者2社に仕事を落札させるため、業者の提案書の一部を自ら作成するなどした。NEXIは入札を経て、15~17年に合計約52億円の契約を2社と結んだ。 昨年秋以降、NEXIや所管の経済産業省に告発があり、第三者委員会が調査。NEXIは問題が発覚した後の今年7月に男性との契約を解除した。業者側から男性への謝礼の支払いなどは「確認できなかった」(担当者)という。 板東社長は元経産官僚。男性が顧問に就いたのは、板東社長と知り合ったことがきっかけだったという。

12の映画セットであなたも映画監督!?

東京都現代美術館で、2015年1月4日(日)までフランス出身の映画監督「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展が開催中。アジア初のワークショップ型展示で、映画作り体験や、映画の中で使われた小道具を見ることもできる。一般1000円

12の映画セットであなたも映画監督!?

Photo: Ariane Rousselier, 2012, Moscow, Courtesy: Home Movie Factory Association

セイコーの時計「ガランテ」が美しく変身!

2014年10月10日(金)~2015年3月31日(火)の期間で、「セイコー ガランテ」のスプリングドライブモデルの購入者を対象に、柱頭部の1ヶ所をダイヤ入りパーツに交換するキャンペーンを実施中。全国プレミアムセイコーウオッチサロンにて。納期は約2週間。

セイコーの時計「ガランテ」が美しく変身!

ボッテガ・ヴェネタが上海で展覧会開催

ボッテガ・ヴェネタは9月末日まで、上海のイフェン・ギャラリア店で「Pleasures of the Imaginary」展を開催している。ショップ2階にギャラリースペースが併設されており、中国の現代アーティストの作品も見られる。

ボッテガ・ヴェネタが上海で展覧会開催

忘れられない、肌触り IKEUCHI ORGANIC

IKEUCHI ORGANICより、美しく機能的なプレミアムコンパクトバスタオルと新しいリバーシブルタオルが発売。バスタオルは毎日洗えるコンパクトサイズ。リバーシブルタオルは、コットンとバンブーの風合いが楽しめる。

忘れられない、肌触り IKEUCHI ORGANIC