千趣会が大幅赤字予想、社長交代へ カタログ通販が低迷

 カタログ通信販売「ベルメゾン」の不振が続く千趣会は26日、星野裕幸社長(58)が責任をとって11月1日付で顧問に退き、梶原健司取締役(57)が社長に就くと発表した。構造改革で約280人の希望退職者を募ることも正式に発表。昨年の134人に続き、大幅なリストラを進める。 千趣会は、2015年12月期から3年連続で売上高が減少し、18年12月期はさらに前年比10・7%減に落ち込む見通しだ。純損失は90億~103億円(前年は110億円の赤字)になりそうだといい、2年連続で大幅な赤字となる。アマゾンやゾゾタウンなどインターネット通販の急成長に伴い、主力のカタログ通販が低迷したためだ。無料で配布していたカタログの発行部数を減らしてコストを削ったものの、「減らしすぎて従来の顧客も離れてしまった」(千趣会広報)。 昨年に続いて、主に45歳以上の社員を対象に希望退職を募る。不動産についても見直し、大阪本社は来年1月に近くのビルに移す予定だ。「社員が減っており必要性がない」として、現在の本社ビルは売却する。 新社長に就く梶原氏は、カタログ通販の衣料品を長く担当し、ネット通販や婚礼、保育など新規事業にも携わった。組織の立て直しや収益の改善が求められている。(久保田侑暉)

日立化成、新たな不正発覚 半導体素材で異なる検査手順

 化学大手の日立化成が、半導体に使われる樹脂素材の検査データで不正をしていたことが27日、わかった。同社では6月、病院や原発などで使われる非常用電源向け蓄電池の一部で製品検査の不正が発覚。特別調査委員会で調べているが、当初2~3カ月と想定した期間を過ぎてもまだ結果を公表していない。今回の不正は、蓄電池を巡る不正調査の過程で新たに発覚した可能性がある。 新たに不正が明らかになったのは、半導体の表面を熱や外部からの衝撃から保護するために覆う「封止材」と呼ばれる樹脂素材。納入先と約束した方法と異なる手順で検査をしていた。日立化成は日立製作所の子会社で、同素材では世界有数のシェアとされる。 日立化成は不正について、すでに取引先への通知を始めている。連絡を受けたメーカーの関係者は「影響を調べているが、自社での出荷前の品質検査はクリアしているので、生産ラインを止めるような甚大な影響は出ないのでは」としている。 日立化成は蓄電池でも同様に、…

オフィスが丸の内の近くなら、夜景を眺めつつの「うま辛グルメ」はいかが?

オフィスが丸の内の近くなら、夜景を眺めつつの「うま辛グルメ」はいかが?

丸の内の夜景を一望しながらビールとうま辛グルメを堪能!

JR東京駅前の新丸ビル7階にある飲食ゾーン、丸の内ハウス。
9月28日まで、「ビアテラス in 丸の内ハウス2018」と題し、特製ジョッキのビール、うま辛料理や多数のテイクアウトメニューを用意。丸の内駅舎を眺めながら楽しめる。 

真夏の「家飲み」に最適! 噂のフランスワインが 日本で本格展開スタート!

真夏の「家飲み」に最適! 噂のフランスワインが 日本で本格展開スタート!

『メゾン・ド・グラン・エスプリ』というワインブランドをご存知だろうか。

真夏の「家飲み」に最適! 噂のフランスワインが 日本で本格展開スタート!

伝統的なフランスブランドは単一のテロワールで栽培したブドウを使用してワイン造りを行うのに対し、こちらはフランス有数のワイン醸造地であるブルゴーニュ、ボルドー、ローヌ、プロヴァンス産のブドウから最良品質のものを選定し、ワイン造りを行うのが特徴だ。このフランスにおける新たなワイン造りの挑戦といえる革新的アプローチは、ワイン愛好家の間でも話題になっている。その注目のラインナップの販売が、この夏、日本でもスタート。価格はすべてオープン価格だが、安いものはおよそ3000円台~。

真夏の「家飲み」に最適! 噂のフランスワインが 日本で本格展開スタート!

シャンパンやロゼや赤ワインが揃うので、夏の家飲みやパーティでの話題造りに飲んでみてはいかがだろうか。

Amazonのサイトから購入可能なので、ワンクリックで簡単に入手できるのも便利だ。是非お試しあれ!

うまい話には「裏」も… ポイントカード大国ニッポン

 「ポイントカードはお持ちですか」。そう聞かれると、つい作ってしまう人も多いポイントカード。ポイントがたまれば、お得感もある。でも、うまい話には「裏」もあるようで……。 日本は、世界に例を見ないポイントカード大国です。企業は消費者にポイントをあげるかわりに、個人データを収集する。このビジネスモデルが成功した理由は多くの企業が参入し、手軽にポイントをためて、どこでも使えるようになったからです。 店で商品を買う際に店員に氏名、住所、生年月日を教える人はまずいません。でもポイントカードの提示は、教えているのと同じです。消費者は意識しないまま、多くの個人情報を企業に提供しています。例えば、商品の購入履歴などを企業が分析すれば、女性が妊娠しているかどうかがわかり、ベビー服の広告を効果的に送ることができる。これはデータベースマーケティングと呼ばれる手法で、日本社会に広く浸透しています。 利用者が6千万人を超える日本最大級のTポイントカードで集められた個人データは様々な業界の約130社に提供され、マーケティングに活用されています。2015年の個人情報保護法の改正で、企業が個人情報の取り扱いの利用目的を変更しやすくなりました。ただ、データの利用法については企業と消費者で認識のギャップがあります。 各企業は個人データの利用目的や方法をプライバシーポリシーとしてHPで公開していますが、「ライフスタイル提案」など抽象的な文言が多い。一方、膨大な分量のポリシーを読んでいる消費者はほとんどおらず、自分のデータがどう分析されて使われているのか見えにくいのです。 ITの進化に伴い、行動履歴や検索履歴など共有される個人データは増えています。複数の企業で個人データが共有されると、本人すら予測し得ないプロファイリングが行われる恐れがあります。Tポイントカードの共有企業には金融機関やIT企業も名を連ねており、個人の債務返済能力を測る要素として個人データが使われている可能性もあります。不安に思う人はまずHPでどの企業に個人データが提供されているかを確認してみることをお勧めします。 私自身はTポイントカードを使っていませんが、ポイントビジネスを否定はしません。「気味が悪い」と感じるのか。「心地よいおもてなし」と感じるのか。それは個人の受け止め方次第だからです。これだけ普及したのは、ポイントに魅力を感じて「おもてなし」と受け止める日本人が多いからなのでしょう。 プライバシー保護の意識が高いEUでは、消費者が個人情報を管理・確認して持ち運びできるデータ・ポータビリティー権が確立しています。日本のポイントカードでも消費者がデータを管理できるような仕組みを導入すべきです。透明性が高まり、ビジネスとプライバシーの保護の両立が可能になると思います。     ◇ 専門は憲法、情報法。主な著書に「ビッグデータの支配とプライバシー危機」など。 ポイントカードは消費者にあまり意識させることなく、買い物における行動を変えていると思います。まず、ポイントをため始めると、「その分安くなるからお得だ」と考え、ほかに同じような店があってもポイントがつく店で買い続けるようになる。店に囲い込まれていくのです。 こうなると、値段に鈍感になり…

情報解禁! オメガ「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 オリンピック リミテッド エディションズ」5色で登場!


いよいよオリンピック開幕まで2年!

2020年7月24日といえば、東京 2020 オリンピック開幕の日。ちょうどあと2年を迎えるこのタイミングで、時計ファンには待望の限定コレクションがオメガから発表された。その名称は、「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 オリンピック リミテッド エディションズ」。百聞は一見に如かず、まずは写真を見ていただこう。

※記事の最後に、編集部が取材時に撮影した5本すべての”腕乗せカット”スペシャルフォトギャラリーがあります。

情報解禁! オメガ「スピードマスター プロフェッショナル 東京 2020 オリンピック リミテッド エディションズ」5色で登場!

ベースに選ばれたのは多くのファンが予想したとおり、ムーンウォッチとして名高いオメガの金字塔クロノグラフ「スピードマスター プロフェッショナル」。カラーバリエーションはオリンピックリングのカラーを想起させる赤、青、緑、黒、黄の5色。単品でもセットでも購入可能で、それぞれに別のシリアルナンバーが刻まれる。

では、1本1本を詳細に見ていこう。

>> MEN’S EX ONLINEで写真を見る

本庶氏の指摘「心外」 オプジーボ開発の小野薬品社長

 ノーベル医学生理学賞に選ばれた本庶佑(ほんじょたすく)・京大特別教授との共同研究で知られる小野薬品工業。開発したがん治療薬「オプジーボ」は会社の業績を支える。相良暁(さがらぎょう)社長(60)が26日、インタビューに応じ、開発の苦労や本庶氏との関係を初めて朝日新聞に語った。主なやりとりは次の通り。 ――本庶氏のノーベル賞受賞が決まりました。 「本庶先生の研究を1980年代からお手伝いしてきた。その果実でオプジーボが生まれ、患者さんに届けられた。私たちの仕事がノーベル賞という形で認められたのは喜ばしい」 ――オプジーボの開発には苦労も多かったのでは。 「(オプジーボのしくみは)『キノコを食べたら、がんが治る』といった民間療法や迷信と同じような評価を受けていた。社内でも『がん治療薬はやらない』という不文律があった」 ――その壁をどう突破? 「本庶先生の研究に着目していた社員の熱意だ。オプジーボの開発番号は『4538』。かりに抗がん剤をつくる場合、薬の開発番号は『7』で始まる数字をあてる社内のルールだった。社員は当時、経営陣にばれないように『4』(その他を意味する分類)から始まる番号で進めていた。誰もやっていないことに挑戦する社風も後押しした」 ――開発を決めました。 「実際の患者で効果を調べる試験では、専門病院の先生から『こんな薬が効くと思っているド素人の会社に腹が立つ』と言われた。試験を受ける患者数も最初は少なかったが、運良く、すごくよく効く症例が出た。そこから医師たちの見る目が変わってきた」 ――本庶氏は「小野薬品が基礎研究にあまり貢献していない」という趣旨の発言をしています。 「ちょっと心外だ。京大と小野薬品の間には(オプジーボ開発のきっかけになった)免疫細胞の表面にあるブレーキ役の分子『PD―1』の研究で、お互いがどういう貢献をしたかを記した署名入りの覚書がある。80年代から多額の研究費を提供してきた。特許にも、小野薬品のアイデアや功績が入っている」 ――本庶氏は、ノーベル賞の賞…